おおち山くじら 本文へジャンプ
おおち山くじらとは…













商標登録証
登録第4906334号
平成17年11月4日
美郷町
 おおち山くじらを「駆除イノシシの特産化」と思われている方が多いのではないでしょうか?

 実は,田畑を荒らすイノシシを切り口に農家・狩猟者・役場の3者だけでなく,今まで関係ないと思われていた地域住民が資源化を通じて過疎と少子高齢化の問題を考え,都会にはない中山間地域ならではの個性のある町づくりをしていくための地域ブランド,それがおおち山くじらなのです.平成11年から今日まで美郷町おおち山くじらは成長してきました.やっと,人口6000人の小さな町の良さを山くじらを通じて全国に発信することが出来る様になりました.この9年間の歩みを山くじら物語と言い,この間山くじらを訪ねて交通の不便な当地に足を運ばれた人々との交わりを山くじらツーリズムと振り返って,そういえるのではないでしょうか.

「山くじらの歩み」

「山くじらの指導者紹介ページ」

 <<おおち山くじらの考え方>>

「いかに一人でも多くの住民を巻き込んで町全体でおおち山くじらを育てていくか」